CASES

お客様の声

早稲田大学大塚宗春ゼミOBOG会様

2018-8-24(Fri)16:30

早稲田大学大塚宗春ゼミOBOG


早稲田大学大塚宗春ゼミOBOG会の皆様

 


貴団体ではどのような活動をおこなっていますか

ご担当者様:早稲田大学商学部会計コースの大塚宗春ゼミの卒業生が中心となって、大塚先生を囲み、忘・新年会、ゴルフコンペ、大塚先生のお誕生日会など、定期的なイベントを通して、交流を図ります。20代から60代まで、縦のつながりを大事におよそ500人の会員がおります。

 

特定の担当者に集中する作業

会員システムを導入しようと思われたきっかけは

当会は現役学生を含めた各世代で役割を分担する運営委員会という形でおこなってきましたが、数年前、大塚先生のご退官に伴い、毎回、活躍してくれた現役学生がいなくなったことで、卒業生のみで運営をしていくことが必要になりました。

この運営委員会で対応しましたが、働き盛りの方が多く仕事との両立の中で、負担のない運営システムの確立が急務でした。

 

初期投資ゼロの大きさ

数あるシステムの中でMiiT+を選ばれた理由は

有料の物も含めて、多くの会員管理システムを検討、23ヶ月かけて有識者の間で比較しました。

 

初期投資がかかるものはどうしても費用対効果が計りにくいため、基本機能がすべて無料で使えるMiiT+はトライする面で非常に有難かったですね。

他サービスと比べて、情報を把握しやすい画面や操作性などのユーザビリティのよさも採用の決め手となりました。

  

―MiiT+導入前に抱えていた悩みはありますか?

まず、ゼミOBOG情報の管理は主にエクセルでの手入力によるものです。メールが中心ですが、音信不通の方には出欠確認も電話や往復はがきというアナログな方法でした。

 

情報を更新しようと思っても連絡がつかなくなってしまった人や、携帯のアドレスからフリーメールのアドレスがエラーで弾かれたりしてこちらからの連絡が届いていないこともありました。連絡が取れない人は、名簿を空白のまま更新せざるをえずストレスでした。